カープの優勝を見届けよう! 広島東洋カープ速報

1991年以来の25年ぶり優勝なるか!?

サヨナラといえば石原選手

time 2016/11/30

サヨナラといえば石原選手

広島カープに所属し正捕手としてチームを牽引する石原捕手は、予測のできない意外性の有る選手として有名です。

高校時代は通算57本塁打を記録するほどのスラッガーとして活躍したことから、東北福祉大を経て期待されて広島カープにドラフト4位で入団しましたが、これまでに数々の伝説を残し、サヨナラの場面では特に目立っています。

2006年9月7日、下関で行われた横浜ベイスターズとの第18回戦は、広島が佐々岡投手、横浜が吉見投手の先発で始まりましたが、序盤から点の取り合いとなりました。

4回表に広島が前田選手のホームランなどで5対3と逆転すると、負けじと横浜も6回裏に2点を取り返し5対5の同点となり、そのまま延長線へ突入、横浜はクルーン投手や川村投手を注ぎ込み10回表を0点に抑え、5対5のまま問題の10回裏、横浜の攻撃に移ります。



====全文表示====

down

コメントする




中崎翔太

前田健太