カープの優勝を見届けよう! 広島東洋カープ速報

1991年以来の25年ぶり優勝なるか!?

石原捕手のすごいところ特集

time 2016/11/03

石原捕手のすごいところ特集

野球におけるキャッチャーの役割と言えば文字通り扇の要、守備陣形の指示や配球、相手バッターやランナーの観察など特に多忙で重要なポジションであると言えます。

その中でも広島東洋カープの石原捕手はチームを支える扇の要として活躍する捕手であり、2016年のチーム優勝に貢献しました。

彼の代名詞と言えばその高いキャッチング技術です。

かの名捕手、伊東勤にも世界一と言わしめるなどその評価はチーム内外で揺るぎなく、

2016年沢村賞を受賞した同チームの投手クリス=ジョンソン投手も非常に石原捕手のキャッチングに信頼を寄せており、沢村賞受賞に際し彼に感謝の意を述べたほどです。

d_09609095

その技術が評価され、最優秀バッテリー賞を2010年、2013年に当時広島東洋カープ所属だった現メジャーリーガーの前田健太投手と、2016年に同じく広島東洋カープの野村祐輔投手とともに受賞しています。

この3度の受賞は最優秀バッテリー賞が設立された1991年以来、カープの捕手としては最多の受賞です。

g20131206007147860_view

石原捕手と言えば守備の人、という印象がありますが実はバッティングにも見どころがあります。

確かに、他の有名捕手である阿部慎之助捕手などと比較すると打率や本塁打の面では見劣りしてしまいます。

現に、カープの捕手では強打強肩の曾澤翼捕手が近年台頭しており石原捕手の正捕手の座を脅かしていますが、石原捕手のバッティングの魅力はチャンスで打つことです。

得点圏にランナーを置いた時の打率が目に見えて上がっているだけでなく、サヨナラ弾となるホームランを放っている回数は少なくありません。

前述の阿部慎之助捕手とは比べ物にならないくらい本塁打数は少ないのにこの成績を残しています。




近年は生え抜きのベテランとして、阪神から復帰した新井貴浩選手を迎えるパーティーを開くなどダイアモンド内外でその人柄の良さや存在感を見せつける石原捕手は他の選手にはない魅力を持ったオンリーワンな選手であると言えるでしょう。




 

down

コメントする




中崎翔太

前田健太